• いしべあい歯科 小児歯科

    お子様の歯の治療について

    「乳歯は永久歯に生え変わるから、むし歯になっても大丈夫!」 と考えていませんか?

    子供の歯科治療は大人の治療と異なる点がいろいろとあります。もっとも大切な点はお子供のそれぞれの年齢によって大切なポイントがあり、よりよいお口の、また体の成長発育を守るために大切な治療があることです。

  • 子供の時の歯科のかかり方で、大人の歯やお口の一生が決まってしまうといって過言ではありません。

    確かに最近未処置のむし歯は減りました。
    ただ、生活や環境の変化にともなって、最近、歯並びやかみ合わせが悪いこどもが非常に多くなってきています。歯並びが悪いとむし歯や歯周病になる危険性が高くなりますし、かみ合わせが悪いと食べ物がうまくかめず、ごはんをおいしく食べられません。
    また、笑顔に自信がない、人前で笑えないなどのストレスを感じることもあります。歯ならびの悪さは姿勢の悪さを引き起こし、最終的には大人になって、顔やからだの歪みに悩むことに繋がります。成長が終了した後の歪みは治すことは難しいです。

  • ◆乳歯を虫歯にしてしまうと・・・syouni4.jpg
    ●乳歯が大きく崩壊したり、自然に永久歯に生え変わる時期よりも早く抜けてしまうと、永久歯の生えるスペースを奪ってしまうことがあり、歯並びが悪くなってしまいます。

    ●乳歯が大きなむし歯になると、その下の永久歯に影響があることがあります。お子さん自身は、むし歯のこわさやその苦労を知りません。大切なお子さんにあの苦労をさせないように、お父さんやお母さんが、お子さんの歯を守ってあげてください。できるだけむし歯にならないように、むし歯の苦労を今の子供たちにさせないように、当クリニックでは徹底した予防治療を心がけていますが、もしもむし歯になってしまった場合には、大人と同じように治療を行ないます。お子さんに理解してもらい、治療は痛くない、こわくないと分かってもらえれば、大人と同じむし歯治療ができます。
    お子さんでも、3歳を過ぎると、しっかりと説明すればそれを子供なりにきちんと理解して、大人と同じように治療することができます。

    大人のむし歯治療と基本的には同じですが、とりわけ、痛みを与えないように最大限の注意を払って行ないます。

  • ◆虫歯の予防 <シーラント>


    syouni5.jpg乳歯の奥歯が生えてくる3歳頃、そして、永久歯の奥歯が生えてくる6歳頃が、むし歯になりはじめの時期です。
    こどもの歯は大人に比べて、非常にむし歯になりやすいのです。
    シーラントとは、お子さんがむし歯になってしまう前に、奥歯の溝を歯科用プラスチックで埋めてしまう方法です。当院で使用するシーラントはフッ素徐放性といって、少しずつフッ素を放出し、歯が強くなる効果や除菌する効果があります。
    乳歯の奥歯と永久歯の奥歯が生えてきた直後の時期が、このシーラントをつめるおすすめの時期です。しかし、シーラントをしたからもう安心というわけではありません。必ず、定期的に来院して検診をうける必要があります。

診療内容

 

医療法人愛全会 いしべあい歯科
〒520-3106 滋賀県湖南市石部中央4-6-41
TEL:0748-77-6886

JR石部駅徒歩8分
駐車場完備
【 診療内容 】
かみ合わせ治療 / 入れ歯 / 歯周病治療 / 一般歯科 / 矯正歯科 / 小児歯科 / インプラント / ホワイトニング
【 診療時間 】
月・木:09:30~12:30 , 15:00~20:00
土・祝:09:30~12:30 , 14:00~19:00
日   09:30~12:30 , 14:00~17:00
【 休診日 】
火曜日・水曜日・金曜日

Copyright (C) Aizenkai. All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る